【自分には向いてないかも…】転部・転科を考えている大学生へ

こんにちは、シュラです。
大学に入学してからやりたいことが変わったという人は転部・転科を考えているのではないでしょうか?今回は転部・転科を考えている大学生に向けて、私の経験談を踏まえながらアドバイスできたらと思います。参考になればうれしいです。
目次

転部・転科したくなる理由

私は工学部の機械工学科を専攻し、4年間機械のことについて学んできました。しかし大学1、2年の頃は何度も転部・転科(学部や学科を変えること)を考えてきました。その理由は次のようなものです。
  • 講義を受けていく中で、機械分野に向いていないと感じた
  • 将来性のありそうな情報系の学部に目移りした
  • 今変えないと、一生機械の道の人生を歩むことになると思った
「もっとよく調べろよ!」
その通りなのですが、実際に入学して講義を受けてみないとわからないこともあります。高校生ができることといえば、せいぜいネット上のホームページや口コミで情報収集、オープンキャンパスでの見学程度ですからね。特に学生ライフに夢を見がちな高校生はイメージが美化しやすいです。
入ってから「なんか想像と違う・・・」「こんなことを学びたかったわけじゃない!」となってしまうこともあるかもしれません。
また、世の中がたえず動いていく中で、これからはどの分野、スキルが重宝されるといった情報が入ってきます。そうした情報に惑わされ、有利な学部・学科に移りたくなる人も多いのではないでしょうか。気持ちはわかりますが、ここで衝動的に動いてしまうと、後で大変な目に合うかもしれません。

転部のリスク

どうしても、ほかの学部でやりたいことが見つかったという人は、できる限り転部のために
早く行動を移すべきです。後になればなるほど、移った後の状況が悪くなります。まずは当然ですが、勉強が出遅れているため、それを取り返すための学習を自主的に行う必要があります。新たな教科書の購入も必要なので、費用も掛かります。
また、それまでの友人関係や教授との関係がリセットされるということが一番大きいです。大学におけるクラスはあってないようなものなので、その分最初にできた友達とグループ化しやすいです。知った仲の友達と離れ、転部先で新たな友人を作るのは社交性がないと難しいかもしれません。友達がいなくてもいいという人もいるかもしれませんが、やはり勉強の相談をできる友達はいたほうがいいです。
転部をする場合はこうしたリスクを承知の上でしましょう。

「自分に向いていない」と見切りをつけるのは早いかも

今だからこそいえることですが、機械のことなど全く知らなかった普通科高校出身の私も、4年間の勉強で0からある程度知識をつけることができました。4月からの就職先も機械系メーカーです。
1年生の時は「自分に向いていない」、「進路を間違えた」などとばかり考えていましたが、やはり自分の適性を見極めるにもある程度時間はかかります。その分野を勉強し、深い知識をつけていく中で最初はなかった興味が芽生え、楽しいと思えるようになるかもしれません。
転部は早いほうがいいと前述してしまった手前、もう少し様子を見たほうがいいというのは何とも心苦しいですが、4年間の勉強することで今とは違った景色がみえてきます。今は興味が持てなかったり、勉強が大変でも一つの分野を追及してみる、というのも一つの手です。

就職で方向性は変えられる

転部・転科を考えている皆さんにはとにかくこれを知っておいてほしいです。例えば、機械を専攻していたから、情報を専攻していたからその分野に関係のある企業・職種に就職するしかない、なんてことはないです。

私の友人でもプログラマーの職種を選択した人や、全く機械に関係のないテレビ業界に就職した人もいます。その分野を勉強してきた人に比べて最初は知識が劣った状態から始まるかもしれませんが、そんなのは微々たる差です。新入社員となれば、周りの環境は一新し、みんな平等に新しいことを覚えていかなければないので。

また近年転職する人も増えていますよね。一度は就職しても、新たなスキルをつけ、これまでと違う業界、分野で活躍することも全然できます。大学の学部・学科の選択はターニングポイントの一つであることは間違いないですが、進路はいつでも変えられるということを覚えておきましょう。

最後に

結論として、私自身は4年間機械から転部・転科せずによかったと思っています。親しい友達と同じ勉強を続けることができたことや、なにより継続して学習していく中で、最初は億劫だった機械の勉強も興味深いものへと変わっていったからです。決断が早い人は興味を持った瞬間に行動に移すかもしれませんが、衝動的に動くことが必ずしも正しいとは限りません。その場の環境に身を置いて、じっくりと自分の適性を見極めていくのもいいかもしれませんよ。
転部・転科を否定寄りの記事になってしまいましたが、「しなくてよかった」と思っている学生の経験談として、今回紹介させていただきました。悔いのない進路を切り開いていくために、とにかくよく考えましょう!
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

〇新社会人1年目
〇HSP気質
〇趣味は海外サッカー観戦
〇親孝行がしたい!

__________________________

このブログでは

HSP
英語学習
自身の体験談 etc


学生に役立つ多様な情報を発信します!
__________________________

コメント

コメントする

目次
閉じる