【学生必見】TOEICの受験メリット3選|目標スコアは?

こんにちは!理系大学に通う大学生です。初のブログ投稿となります。

初回は今の自分の知識のみで書けるところで、TOEICについてお話しすることにしました!

ライティング経験が皆無なので、文章の読みにくさはお許しを。
これからうまくなれるように努力していきます!
読んでいただけると嬉しいです!


学生のみなさん、TOEICを受けたことはありますか?

TOEICといえば、日本で英検と並んで広く認知されている英語能力試験です。本記事では、学生である私がTOEICで700点を取得してみて、実際に感じた「大学生がTOEICを受験するメリット」を紹介します。

  • TOEICがどんな試験なのかわからない
  • 周りがこぞってTOEICを受験しているけど、どんな利点があるのかわからない
  • 就活、スキルアップのために何か資格を取得したいが、何をとろうか迷っている

こういった考えを持っている方の参考になればうれしいです!

目次

TOEICとは

国際コミュニケーション英語能力テストのことで主にビジネスの場における英語能力を評価するための試験です。皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
日本では年間約240万人が受験しており、世界的にも国別の英語力としてTOEICのスコアが指標として用いられるなど、認知度の高い試験です。

TOEICの試験形式とオススメの試験

TOEICと一口に言っても実は以下のように様々な試験形式が存在します。

  • TOEIC Listening & Reading Test
  • TOEIC Speaking & Writing Test
  • TOEIC Speaking Test
  • TOEIC Writing Test
  • TOEIC Bridge Test

試験名を見てもらえば、聞く、読む、話す、書くのうち、どの能力を評価するのかわかるかと思いますが、この中で私が断然おすすめしたいのが、TOEIC Listening & Reading Test、すなわち「聞く・読む」の能力が問われるテストです。

その理由は、一言でいうとTOEICの中で最も一般的かつ人気の試験であるためです。皆さんの周りでも「TOEICで~点とった!」といった声を聞いたことはないでしょうか?
たいていの場合はTOEIC Listening & Reading Testにおける点数のことを指します。

また、学生の皆さんはいずれ就活をすることになると思いますが、
企業によっては求める人材に「TOEIC~点以上」といった条件を設けています。
そこでの点数もこのListening & Reading Testでのものとみていいでしょう。

本ブログでは、私の体感上、大学生が受験するとうまみの大きいTOEIC Listening & Reading Testについて記事をかいていきます。

大学生がTOEICを受験するメリット

大学に入ると、様々な場面でTOEICの受験を勧められませんか?教授や友達に言われるがままに受験するのもいいかもしれませんが、やはり受験前にどんなメリットがあるのか把握しておきたいですよね。
大学生がTOEICを受験し、一定のスコアを取得することで得られるメリットとして以下のようなものがあります。

英語力を高められる

学生に関わらず当たり前ですが。もちろん、TOEICに向けて真剣に勉強に取り組んだ場合です。グローバル化の進む社会の中にあって、近年は英語力の必要性が高まってきています。頭が柔軟な学生のうちに英語力を養うことは大いに意義のあることといえるでしょう。

就活で評価してもらえる

おそらくこれを目当てに受験する学生が大半を占めているのではないでしょうか。何を隠そう私もその一人です。

私自身は、大学1年次にTOEICで700点を取ったのですが、今年就活を終えてみるまで、就活においてTOEICがどれほどの意味合いを持つのか全く分かりませんでした。私は担当教授に「700程度だと全く意味ない」といわれたので・・・

しかし、実際に面接ではTOEICの点数によって一定の英語力があるものと評価してもらえました。就活を通して、英語力のある人材を求めている会社は多くあると感じました。

なにより、面接官の多くはスコアに食いついてくれるので、話題づくりとして最大限効果を発揮してくれました。

就職活動のためのTOEICは十分アリです。

学習時間を確保でき、学生生活へのモチベーションアップにつながる

大学生はとにかく自由な時間があります。この時間をただ自堕落な生活に浪費するのは本当にもったいないです。(経験者は語る…)
そうはいっても何を勉強したらいいかわからない、という方はとりあえずTOEICを受験してみることをオススメします。きっと今後プラスに働きます。そして次の目標スコアを目指すこと自体が、学習意欲の増幅や学生生活へのモチベーションアップにつながります。

そのほかにも、「留学するきっかけになる」、「塾講師としてバイトする際、採用してもらいやすい」、「大学によっては単位を取得できる」といったメリットもあります。

そんなわけで、大学生がTOEICを受験するメリットはたくさんあるので、ぜひ一度受験してみることをオススメします!「なにか資格を取りたい!」という学生も最初の足掛かりとしてぜひ!

学生の目標スコアは?

TOEICは990点満点で英語力が評価されます。一般的な感覚としては、平均点である580点あればある程度の英語力は持っている、といったところでしょうか。

学生だと600を目標として掲げる人が多い印象です。そこで私が推奨したいのは650~700です。このあたりのスコアを取得できれば、こうした層からさらに一歩差をつけることができるためです。

もちろん目標スコアは学生の目指すレベルによりけりなので、あくまで参考程度にしてください。

このスコアを「高い!」と感じるか、「低い!」と感じるかあるいは「どの程度のレベルかわからない」と感じるかは人それぞれだと思います。

いずれにしても、このスコアはどんな学生でも適切な対策をとれば必ず到達できる点数だと私は思っています。留学経験や英会話経験、これまでの英語レベルも関係ありません。
これは英語が決して得意ではなかった私が皆さんに一番伝えたいことです。案外取れてしまうものなんです!

私は大学1年時のTOEIC初受験で700点取ることができました。
その際の勉強時間は3週間程度です。春休み期間を利用して短期集中で学習しました。

スコアが高すぎも低すぎもしない私だからこそ、学生の皆さんの英語学習への悩みに寄り添える部分もあるかと思います。
TOEICの勉強方法なども今後ブログに書いていけたらと思います!

まとめ

  • 学生はTOEIC Listening & Reading Testを受験すべき!
  • 学生がTOEICを受験することで得られるメリットは数多くある!
  • 推奨スコアは650~700。誰でも狙える!
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

〇新社会人1年目
〇HSP気質
〇趣味は海外サッカー観戦
〇親孝行がしたい!

__________________________

このブログでは

HSP
英語学習
自身の体験談 etc


学生に役立つ多様な情報を発信します!
__________________________

コメント

コメントする

目次
閉じる